鹿取義隆は『鹿取られる!?』その意味と成績や経歴について

鹿取義隆は『鹿取られる!?』その意味と成績や経歴について

 

交流戦に入り巨人の失速が止まりません。

高橋監督の休養もありえるんじゃない!?

と思うほどです。。

 

私のご贔屓球団のタイガースは

交流戦に入っても

まずまずの戦いを繰り広げていますが、

 

やっぱり永遠のライバル巨人が強くないと

「なんだかなぁーもっと頑張ってくれよー」

と思ってしまうわけでwww(余裕のコメント)

 

そんな不振の巨人で

堤辰佳ゼネラルマネジャー(51)が退任して、

巨人と西武でリリーフ投手として活躍し、

GM特別補佐(60)であった

 

鹿取義隆

 

がGMに新しく就任することになりました。

 

巨人のGMにプロ野球経験者が

就任するのは初めての経験だそうで。

 

鹿取義隆さんのことを調べていると

「鹿取られている」

とか

「鹿取大明神」

など

一見真面目そうに見える鹿取さんと

「どういった関係があるの!?」

と気になることばが出てきました。

 

「鹿取(かと)られる」「鹿取大明神」の

意味を伝えるためには

まず、鹿取義隆さんの成績や球歴を知ることが重要なので、

伝えていきますww

 

スポンサーリンク

 

鹿取義隆さんの成績 高校-大学-プロ

高校時代の成績

●在籍;高知商

●甲子園;2年の夏に背番号10の控え投手出場。

      3年夏は強豪高知高校に破れ出場ならず。

 

まさか管理人と同じ四国出身・・・。

知らなくてすいませんでしたー!

 

大学時代の成績

●在籍;明治大学

●成績;2年春の六大学リーグ戦からベンチ入り。

    1978年の日本選手権は決勝で鹿取義隆は専修大学を完封して優勝。

     六大学リーグで鹿取義隆は通算58試合に登板して21勝14敗、防御率1.89、

    219奪三振の成績を残した。

 

防御率一点代は凄すぎるでしょ!!

 

プロ野球時代の成績

●球歴;巨人(1979~)-西武(1990~)-1997年引退

●成績;◆巨人時代の45勝29敗58セーブ

     ◆西武時代46勝17敗73セーブ

     19年間で755試合に登板し、

     延べ5,282人の打者と対戦して

     通算成績は91勝46敗131セーブ、

     防御率2.76の成績だった。

 

成績を見ると鉄腕リリーバーであることがわかりますよね。

でも19年間現役を続けて、

防御率が2点代なのは、

コントロールがよくて、

投球術に長ける投手だったのかと思います。

 

 

●なぜ「鹿取られている」「鹿取大明神」ということばが生まれた!?

 

1987年鹿取義隆投手はリーグ最多の63試合に登板して

防御率1.90の好成績を残しています。

鉄腕ぶりの活躍にファンから

 「鹿取大明神」

といわれたほどでした。

 

私は

「神様、仏様、稲尾さま」

「佐々木大魔神」

「神ってる鈴木誠也」

くらいしか

神扱いされた人は存じ上げませんでしたが、

まさか鹿取さんも大明神といわれるほどだったなんて・・・

知らなくてすいませんでした!!

 

今では中継ぎの地位が確立されようとする中で、

鹿取さんが活躍された時代は、

「先発よりも劣る投手」

というイメージが強かったのではないかと思います。

 

そんな時代背景もあり

登板の多さは物議を釀し、

当時監督だった王監督の采配は

王(ワン)パターンと表現されていたそうです。

 

鹿取義隆投手の登板を告げる「ピッチャー鹿取!」

は流行語にもなったそうで、

酷使されるという意味で

 

「鹿取(かと)られる」

 

という言葉が生まれたともいわれます。

 

今の時代だったら毎年50試合登板する中で抑えの投手が

たくさんいるから

そんな言葉は生まれないでしょうが、

鹿取さんの時代だからこそ生まれた

「鹿取られている」

ということばですよね。

 

今もなお活躍する岩瀬投手なんか

鹿取られまくっています

よねwww

スポンサーリンク

 

まとめ

鹿取義隆投手が昔リーグ最多登板の成績を残した

ケンカ投法でおなじみの東尾修さんに

 

「首脳陣から言われるままに投げるだけでなく、

自分自身の身体を大切にしろ!!」

 

とアドバイスを告げられたエピソードがありますが

 

「(東尾のような)先発の代わりはいないが、

中継ぎはいくらでもいるから黙って投げないといけない」

 

と答え、謙虚で真面目な人柄であることがわかります。

 

「困ったときの鹿取義隆」

「鹿取大明神」

 

とファンからも首脳陣からも信頼されていた人に

巨人の再建は託されたのでありました。

 

タイガースは上位で待っているよ。

巨人が強くないと

セリーグは盛り上がらないよ!!

 

最後までお読み頂きありがとうございました。

スポンサーリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ