村田透(日本ハム)に、以前、阪神が調査に乗り出していた件。

 

村田透(日本ハム)に、以前、阪神が調査に乗り出していた件。

 

交流戦に入って、

やっぱりパ・リーグの方が

今年も強いし、

「いい選手いるなぁー」

と思ってしまいます。

 

特に今年は、交流戦に入り、

巨人の調子がガタ落ち。

そして皮肉なことに、

日本ハムへ移籍した大田選手や村田透投手が

巨人戦で活躍しています。

 

特に村田透投手は私と同じ年で、

勝手に親近感が湧いていますwww

 

当時は巨人にドラフト1位で入団して、

ほとんど活躍せずに

3年で解雇されてしまいました。

 

その後、野球への挑戦を諦めずに、

海を渡り、アメリカで実力を磨いて、日本に復帰した時は

本当に嬉しかったです。

でも、

復帰したのは日本ハム。

私のご贔屓球団の阪神タイガースでは、ありません・・・

 

でも、

実は阪神タイガースも村田透投手の獲得を調査していたことも

あって、

「えっ!?阪神が調査してたんじゃないの!?」

「日本ハムに決定したの!?」

と嬉しかったと同時に驚いたのです。

 

この記事ではそんな村田透投手について

書いていこうと思います。

 

スポンサーリンク

 

村田透投手の球歴

●村田 透(むらた・とおる)

●生年月日;1985年5月20日(現32歳)

●生まれ;大阪・泉南郡。

●体格;182センチ、79キロ。

●右投げ左打ち

●出身;【高校】大体大浪商高

     【大学】大体大 *06年に全日本大学選手権MVP。

 

●球歴と簡単な成績

◇2007年大学・社会人ドラフト1巡目で巨人入団。

◆2010年オフに戦力外(わずか巨人在籍3年・・・)

◇2010年;インディアンス傘下マイナーと契約

*マイナー通算は164試合に登板し46勝28敗6セーブ

  防御率3.76。182センチ、79キロ。右投左打。

*メジャーでは15年に1試合登板し0勝1敗、防御率8.10。

 

・2015年は3Aで先発として15勝4敗。

・2016年は3Aで先発、リリーフと活躍し

33試合で9勝4敗4セーブ、防御率3・78。

 

 

実は阪神は

2015年から調査を進めていたそうです。

ですが、

2015年はインディアンスに残留を表明したため

獲得を断念したそうです。

 

2016年も獲得調査をして、

結局日本ハムに入団が決定しました。

 

いやいや、村田投手、大阪出身ですよ!!

阪神に帰ってきたらよかったじゃないですか!!

そして、ジャイアンツを倒したら、

日本ハムよりも喜びは格別でしょ!!

 

と独り言を呟いた管理人ですwww

 

でも村田透投手が

本人のブログで

「こんな自分に高い評価を頂きありがたく思っています」

と日本ハムに感謝していたので

仕方がないですね。。。

 

 

村田透投手が阪神タイガースに入団していたら・・・

 

懲りずに

村田透投手が阪神タイガースに入団していたら・・・

ということを妄想してみました。

 

先発とリリーフどちらでの起用だったでしょうか?

 

私個人の意見としては、

『先発』で起用していたのではないか

と思います。

 

やはり阪神の今年のリリーフ陣を考えると、

マテオ、ドリスの両外国人のリリーバーが安定していること、

桑原投手の才能の開花、

高橋投手の投げっぷり、

藤川投手の経験・・・

といったように中継ぎ-抑え

に安定感がみられます。

 

一方、先発陣に目を向けると、

メッセンジャー投手、能見投手、秋山投手は安定していますが、

WBCに参加した藤浪投手の大不調、

岩貞投手が去年ほどの調子でないことを考え、

メジャーで経験豊富な村田透投手がいると

本当に心強いと思います!!

 

まぁ村田投手は動かすボールを中心に組み立て、

打たせて取るタイプの投手ですから、

 

日本ハムの守備陣と比べると阪神の内野の守備力は劣る

と思われる阪神だと

失点は増えるかもしれませんがね。

日本ハムに行ったため嫉妬w

 

スポンサーリンク

 

まとめ

 

阪神が獲得調査を聞いた時は

かなり期待しましたが、

阪神の天敵、古巣巨人を相手に初勝利を挙げたことは

本当に嬉しい限りです!!

 

私と同じ年ということで、

セカンドオールドルーキー村田透投手

を今後も注目していきたいですね!

 

最後までお読み頂きありがとうございました。

スポンサーリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ