バティスタ(カープ)は打撃スゴいけど、守備位置はどこだった?

バティスタ(カープ)は打撃スゴいけど、守備位置はどこ?

 

広島カープのバティスタが交流戦に入って

大活躍していますね!

 

育成出身らしく、

カープの猛練習で

かなりファームで鍛えられ、実力をつけて

支配下登録を勝ち取ったそうです。

 

私のご贔屓球団の阪神タイガースの

助っ人キャ◯ベルと変わってくれ・・・

なんて思ったりしていますww

 

でもバティスタ選手が交流戦だけかも・・・

という噂も出ています。

 

そんなバティスタ選手の今までの成績振り返り、

打撃以外の能力について調べてことを書いていきます。

 

スポンサーリンク

広島カープ、バティスタ選手のプロフィールと守備位置

 

《2017年6月現在》

・入団;2016年に入団

・国籍;ドミニカ

・生年月日;1992年1月18日(25歳)

・身長;189センチ 体重;115キロ

・右投げ右打ち

守備位置;ファームでは一塁手出場することが多かった。

     しかし、支配下されてからは外野での出場

     *カブス時代は外野を守ることが多かった。

・背番号;145(育成時代)→95(支配下)

・球歴;ドミニカ・サンタルシア中高/カブス-カープアカデミー

・成績

《2016》

ウエスタン・リーグ68試合、打率243、6本塁打、19打点

《2017》

ウエスタン・リーグ打率3割6分3厘、14本塁打と38打点はリーグトップの成績を残し

見事支配下登録を勝ち取った。

 

成績をみてもわかるように2016と2017は

雲泥の差・・・。

 

一年目で日本人でもないのに

68試合も出場して根気強く育成されたのですね。

守備位置は入団前は外野手との噂ですが

ファームの状況や、打撃をより活かすために

守備位置をファーストに変更したのかもしれません。

 

しかし、

カープの育成力は恐るべき・・・ですね

 

また、支配下登録を勝ち取った際、バティスタ選手は、

とてもすがすがしい気持ちです。こういった機会をいただけたことを非常に嬉しく思っています。 育成選手になってからは、バットの出し方や、ピッチャーのことを良く研究して打席に立つことを指導してもらいました。 将来は、バレンティン選手のようになりたいと思っています。 アピールポイントは、バッティングとやはりパワーがあることだと思います。 今後も100%努力していきたいと思います。そしてこのチャンスをうまく掴んで、広島東洋カープの優勝に貢献したいと思っています。日本でナンバーワンになりたいです。

 

と語っています。

やはり守備よりも打撃に的を絞って、

鍛えていることが分かるのと、

 

ハングリー精神旺盛な選手で、

努力の大切さを2軍で学んだ様子

のように思います。

 

 

バティスタ(広島)の憧れの選手

 

バティスタ選手の憧れの選手は

現ヤクルトスワローズの

『バレンティン』選手

だそうです!

 

なんでも

バティスタ選手のスイングスピードは

バレンティンや同じヤクルトの山田哲人選手に

匹敵するそうですよ!!

 

衝撃のデビューを果たした理由も

わかりますね。。

スポンサーリンク

 

バティスタ(広島)の心配なこと、やっぱり守備・・・

 

物凄いパワーとスイングスピードが

持ち味のバティスタ選手ですが、

 

実は

「守備が穴じゃないか」

という噂もあります。

 

「そこもバレンティンと同じじゃん」

と思った方多数いますよね。

 

交流戦での先発出場した際の守備位置は

レフトを守っていましたが、

(これもバレンティンと一緒)

守備に穴がみつかれば、

DHでの出場もあるかもしれません。

 

でも広島は

新井さんが良い例のように

猛練習で守備が

かなりうまくなる選手がたくさんいますよね。

 

「守備は練習すればするだけうまくなる」

といわれるように、

バティスタも広島の猛練習で守備が向上する可能性もあります。

 

 

守備に不安があるとしても、

2連覇を目指す広島カープにとって

超強力な助っ人が加わったことは間違いありません。

 

タイガースはキャ◯ベルのの覚醒を待つしかないのでしょうか?w

バティスタ選手のような

守備には少々目をつぶっても、

圧倒的なパワーを持つ、外国人がいてくれれば

更に優勝に近づくのに・・・

と思ってしまう管理人です。

 

広島にはメジャーで活躍したソリアーノ選手もいました。

バティスタ選手はソリアーノ選手を越えれるか!?

阪神戦以外で打ってください!

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ