佐々木朗希【大船渡】は既にドラフト1位級!阪神・広島・楽天らプロスカウトも大絶賛!

佐々木朗希【大船渡】にプロスカウト最大の賛辞!ドラフト1は確実!?

 

引用:https://www.sponichi.co.jp

 

菊池雄星投手、大谷翔平投手・・・

岩手には怪物投手がたくさん出現

していますよね!!

 

なんとなんと、

その系譜を受け継ぎ、

凄い投手がまた

 

岩手県(大船渡高校)

から

出てきそうな予感です。

 

「佐々木朗希投手!!」
(2年生)2018/7/11現在

 

夏の地区大会初戦で

いきなりMAX154㌔を計測し

ファンだけでなくプロ野球のスカウトの

度肝も抜いています。

 

 

佐々木朗希のプロフィールと出身中学校

 

まずは簡単なプロフィールと

球歴をご紹介致します。

—————————————

名前:佐々木朗希(ささき ろうき)

 

球歴:

高田小学校(3年生から野球を始める)

大船渡市立第一中学校(軟式)

大船渡高校

 

投打:右投げ右打ち

 

体格:189センチ 81㌔

—————————————–

 

 

佐々木投手は小学生の時に

あの東日本大震災を経験し、

大船渡に移住したといいます。

 

その実力は

中学時代からその才能は

遺憾なく発揮されており

すでに140㌔を超える

スピードボールを投げていたそうです。

 

もちろんそんな実力を持つ

佐々木投手ですから

多数の強豪私学高校から

勧誘があったといいます。

 

今や高校野球界のトップに立つといっても

過言ではない

大阪桐蔭高校からも

誘いを受けていた噂があります。

 

では、なぜ大船渡高校を選んだのでしょうか!?

 

それは

「地元の仲間と野球がしたいから」

「打倒私立で甲子園に行きたかった」

と地元の大船渡高校に進学しました。

 

佐々木投手の仲間想いな一面と

強い反骨心が

わかるような気がします。

スポンサーリンク

 

佐々木朗希投手 ドラフトは!?プロスカウトすでに絶賛!

 

2018/7/10の佐々木朗希投手

大船渡高校初戦。

 

プロ5球団5人のスカウト

スタンドに集結したといいます。

 

こちらが佐々木投手の実際の映像です。

 

 

 

確認できた(阪神・楽天・広島)各球団スカウトの

コメントをまとめましたので

ご覧ください。

 

阪神葛西スカウト

「今年のドラフトでも1位になれるぐらいの素材。

2年生で154キロが出るんだから、

伸びしろはいっぱいある。

フォームが安定すれば、もっとスピードは出る。

大谷、菊池レベルの近くまで来ている」

 

 

広島近藤スカウト

「大谷の2年生の時は、これぐらい投げていた。

このままケガをしないで投げられれば、

大谷2世と言えるぐらいのインパクトはある」

 

楽天宮越スカウトは

「来年は横浜の左腕、及川(雅貴)と双璧になる」

 

どの球団スカウトも

最大級の賛辞を送っているのが分かります。

 

このまま怪我なく順調に

成長すれば2019年は

確実にドラフト1位での指名

は確実と思われます。

 

 

佐々木朗希は投球だけが凄いのではない!!

 

実は佐々木投手

足もめちゃくちゃ速い様子です!

 

なんと50mは5.9秒!!

 

1番バッターとして打席に

立つこともあるそうで

 

2018夏の初戦ではMAX154㌔を計測しただけではなく、

3安打も記録し、

 

投打ともに欠かせない選手です。

 

投げれて・打って・走れて・・・

 

そう聞くとやっぱり

思い浮かぶのは

大谷翔平選手。選手

以下の動画は大谷翔平選手の

足の速さが分かる動画です。

 

まだまだ2年生ですし、

怪我だけが心配ですね。

 

佐々木朗希の性格は執念深い!?

 

面白いエピソードがあります。

 

佐々木投手は異常な負けず嫌いな性格

 

横浜高校(南神奈川)の

 

最速152キロ左腕・

及川雅貴(2年)を勝手に

ライバル視している

といいます。

及川投手とは会ったことすらないみたいですが、

 

理由は

「及川がU15日本代表で、中学から有名だから」。

 

及川投手は佐々木投手と同じ2年生で

左腕ながら152㌔を計測する

来年のドラフトの超目玉です。

 

及川投手に対して佐々木投手は

 

「右と左で違うけど、同世代で意識する。

絶対に負けたくない」。

 

と語っています。

 

一番驚くべき点は

 

『携帯の待ち受け画面を

及川に設定する』

 

ほどの執念深さ。

 

大谷翔平選手も

高校時代藤浪投手の写真を

部屋に飾っていた噂もあり、

 

その点でも大谷翔平選手と

似ていますね。

 

スポンサーリンク

 

まとめ

 

大船渡高校佐々木朗希投手。

 

間違いなく2019年ドラフト候補の

目玉になるといえます!

 

甲子園に出場できれば

更に知名度が上がるでしょうし、

世間の注目も

上がってくることでしょう。

 

しかし、岩手には花巻東、盛岡中央など

甲子園へ進むには避けては通れない

大きな壁があります。

 

ですが彼の大きな反骨心は

その壁さえも突破してくれそうな

大物感が感じられます。

 

是非その姿を全国の

高校野球ファンに

披露して欲しいですね!

 

最後までお読み頂き
ありがとうございました。

 

スポンサーリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ